ソフトなフィンガーサービスが基本のアジアンエステ

現在では都心部だけではなく田舎の駅周辺にもアジアンエステが非常に多くあります。
中国人や韓国人、またタイ人やフィリピン人などアジア系の女性たちが一生懸命指を使って気持ちよくさせてくれます。

 

ほとんどのアジアンエステで言えることですが、抜きはもちろんのこと、その他の楽しみの一つとして女の子のコスチュームが挙げられます。
多くのお店では白衣や専用の施術着を着用しますが、驚くことに下着やトップレスなどで施術をしてくれる嬉しいお店も出てきています。

 

女の子の可愛い指先を使って全身を刺激してくれるアジアンエステでは、口や素股などの過激なサービスは行われていません。
エステシャンの指だけで昇天を迎えることの出来るその気持ち良さはヘルスなどでは絶対に味わうことの出来ない時間となるでしょう。

五反田 風俗
http://www.gotanda-fuzoku.com/



ソフトなフィンガーサービスが基本のアジアンエステブログ:20170718

減量しているにもかかわらず、
食後のデザートがやめられなかったり、
夜になったら、
ついついおやつに手が伸びてしまったり…
そんな人は少なくないと思います。

僕自身、
夜、テレビを見ながら、
おやつをつまむ事が最高の幸せ!と
思っていました。

でも、それではダメなんですよね。

せっかく運動を頑張ったり、食事制限に苦労していても、
連日のようにおやつを食べてしまうという
悪い習慣が身についていたのでは、
減量なんて成功しませんよね?

そこで、僕は、
悪い習慣を「やめる」のではなく、
別の習慣に「置き換える」ようにしたんです!

体は快感を欲しているわけですから、
快感を供給することを停止してしまうと
それはストレスになってしまいます。

つまり
「快感は引き続き供給させる」のですが、
供給させる方法を別の方法に置き換えるわけです。

例えば
「寝る前のおやつ」
だったら、
「寝る前にアロマテラピー」
にしたり
「寝る前にハーブ茶を飲む」
と言った具合に、
別の方法で快感を与える方向に、転換させてやればよいのです。

14時食の後のデザートも、
ケーキやアイスなどではなく
せめてフルーツにするなどの置き換えをしましょう。

甘いものって、人間の本能で快感に直結しているので、
最初は物足りないと感じるかもしれませんが、
慣れればそれが何でもなくなりますので、
みなさま、是非試してみてください。

置き換える過程でどうしても苦しければ、
例えば、板チョコが好きな人なら、
カカオ成分の多いビターチョコにするなどして、
体に「快感」ではなく、
徐々に「不快」を与えて行く方法も効果的でしょう。