全身に電気が走ったような気持ち良さのオイルマッサージ


全身に電気が走ったような気持ち良さのオイルマッサージブログ:20171002


くだらないことで不条理な親父…

ぼくが小学生の頃、
勉強でわからないところがあって親父に聞きに行くと、
最初は機嫌よく教えてくれようとするが…

結局理解できず最終的に
「授業をちゃんと聞いとかないからだ」と逆に叱られた。

中学、高校の思春期に入ると
ぼくは親父によく反発するようになった。

その時ぼくがよく思ったのは、
親父のようにはなりたくない…ということだった。

安月給の中小企業サラリーマン、
会社でストレスを溜めてきては家庭でやつあたり、
休みの日は家でだらだらとテレビの前で横になり、
そんな親父に対し
お母さんはぶつくさとぼくに愚痴をこぼす。

ぼくは親父が嫌いなわけではなかった。
ふざけたことばかり言う親父が好きだった。
だが、親父のようにはなりたくなかった。

ぼくが大学に入った頃、親父は鬱病にかかった。

会社の経営が傾いたことが大きな理由だった。
親父の苦労など気にも留めず、
ぼくは近所にアパートを借りて家を出た。

時々家に帰ると平日の12時なのに
親父は会社にも行かずテレビの前で横になっていた。

ぼくを見ると相変わらず冗談を口にするが、
その顔には疲れがにじんでいた。
人生への疲れに見えた。

就職してからぼくは、
親父の苦労が少しずつわかるようになった。

ぼくはストレスから二年で会社をやめ、
今は公務員を目指して勉強している。

親父はまだ病気と闘っている。
お母さんによると、
会社も以前よりは行けるようになったそうだ。

1日1日を、自分と戦いながら生きている。
弟、お母さんを守る為に…

もしかしたら
ぼくに親父らしさを見せようとしているのかもしれない。

ぼくは親父のようになりたくなかった。
でもぼくはまだ親父を越えられない…

使用済み下着は当サイトへ
https://girls-panty.net/

ツーショットダイヤル
http://3455.tv/kaiin/2shot1.php

京都 風俗ならおまかせ
http://www.asoviva.jp/kyoto_fu/